Living With

ケーキにも使用されるバタフライピーとは

LINEで送る
Pocket

 

ケーキで使われているバタフライピーって?

 
 
 
 
D.C.collectionのケーキでも使われている〝バタフライピー〟。
 
一体バタフライピーってどんなものなのでしょうか?
 
 
 
 
 

バタフライピーとは?

 
 
 
 
 
チョウマメというマメ科の植物のことです。
冬の寒さでは枯れてしまう事が多いようですが、基本1年中咲いているので一年草として扱われています。
 
英語圏ではバタフライピーと呼ばれているそう。
 
大きく開いた花びらが蝶々(Butterfly)に似ていることから、うしろに「Pea(豆)」を付けたのが名前の由来だと言われています。
 
 
 
青色を発色するデルフィニジン系色素の一種であるテルナチンが含まれており、タイでは、チョウマメの花の搾り汁によって、お菓子などの染料として使用することが多いです。
 
チョウマメの抽出液は鮮やかな青色をしています。
 
 
 
 

何に使われる?

 
 
 
花の搾り汁を使いお菓子にしたり、花茶として、青いハーブティーなどが作られています。
また、タイなどでは服の染色にも使われます。
 
 
 
 

どんな効果がある?

 
・美白美肌効果
・眼精疲労
・アンチエイジング効果
・美髪効果
 
 
 
こんなにたくさんの効果があるですね!
見た目もコバルトブルーで綺麗なので、女性には人気そうです😌
 
 
 

バタフライピー使用のケーキ

 
 
D.C.collectionのケーキでは、こちらのケーキがバタフライピーを使用しています!
 
 
 
 
バタフライピーの鮮やかなコバルトブルーが映えていますよね☺️
 
 
こちらからケーキの情報を確認できます!
 
こちらのケーキは色違いでピンクのケーキもご用意しております🎂
 
是非ご賞味ください!
 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

次の記事へ

話題沸騰中の犬用ケーキ!国産肉を使用し、ワンちゃんの満足度◎さらに可愛すぎる見た目で驚愕。

今すぐチェック。 今すぐチェック arrow_right
PAGE TOP